ちまちまハンドメイド

ちまちまハンドメイドしたものをご紹介★
MENU

感想 アメリカ郷土菓子

もう1つの読書や映画の感想ブログ
すべてに広く浅くがあり
最近、読書感想も少々復活。
その中でオススメレシピ本の感想を書いたので
こちらにもアップしてみます。


アメリカ郷土菓子アメリカ郷土菓子
(2014/03/29)
原 亜樹子

商品詳細を見る


アメリカ郷土菓子ということで、記載されているものは
大きなクッキーだったり、いかにもアメリカ!というイメージのお菓子。
でもレシピは日本人にもあうように、甘みを抑えたり食べやすくしているみたいです。


実は甘いものがあまり好きでは無く、ケーキもアイスも1口だけで満足だし、好んで食べたいとは思いません。
それでもこの素朴でありながら大胆なフォルムには惹付けられます。
外はカリッと中はChewy(ねっとり)なクッキーのレシピが満載です。
もう、↑の表現だけで美味しそう。。
タフィー好きとしてはたまりませんね。
ビジュアルとしても、今にも崩れそうなほろほろとした歯触りが想像出来そうなクッキーや香ばしそうな茶色の焼き目、とろりとかかったアイシングなど…
これは食べたら後悔しそうだなー!でも食べたい!!レシピ全部作っちゃおうかなー!?と、無謀なチャレンジをしたくなる事請け合いです。


粉をほとんど使わない、ピーナツバタークッキー。
薄力粉を小さじ1杯です。もしくは全然入れなくても構わないそうで。
大恐慌のケーキも、卵や乳製品、白砂糖を全く使いません。
その代わりブラウンシュガーやレーズンがごってり入り、結構甘いんだそうです。
クレイジーケーキも卵と乳製品を全く使わないそうで…これも大恐慌時代に人気だったそうですが、アレルギーのある方にも喜ばれそうだなと。


甘いもの好きではない私ですが、スタバでマシュマロの入った大きなクッキーを温めて食べたのが実に衝撃的で…。
そんな雰囲気のお菓子ばかり。。
色としては「茶」「黄色」「白」ばかりで、見かけはとても地味ですが、その素朴な感じがまたいい!
この本とは図書館で出会いましたが、どうしても手元に置きたくて書店に注文したくらい魅力的でした。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://timatima00.blog37.fc2.com/tb.php/1626-3ba6623d
該当の記事は見つかりませんでした。