ちまちまハンドメイド

ちまちまハンドメイドしたものをご紹介★
MENU

被災地と取材のはなし

明日で津波から2年ですね。
震災の話しは…
あまりしたくないので、スルーしようかと思っていたのですが
先ほど全国放送の番組に従業員さんが映っていました。
実は私も先週地元放送に映ったり
父は震災後、ちょこちょことテレビや新聞に載ったりしています。
従業員さんは「サインもらった」と喜んでいましたが
我が家では、受けた取材のせいでかなり酷い目にあったので
正直、うんざりです。

ちょっとダークな話しで不快な方もいらっしゃるでしょうし
長いので、畳みました。
おつきあいくださる方は
続きを読むをクリック、お願いします。

 
 
はい。
さて、続きです。


「復興」と名のつく会議には、大抵テレビカメラが入っています。
かといって何か事前に断りがある訳でもない。


あれってどうなっているのでしょう?
腑に落ちないことを言われたり、会議なので
強い意見を言わなければいけない時もある。
発言する段になると必ずレンズがこちらに向く訳ですが…
主催側にさえ許可を取れば、参加者に拒否権はないの?
本人の許可がなく撮るのはかまわないのでしょうか?
大抵の会議では「撮影します」の一言もありません。
だから、何にどう使われるかわかりません。


5人くらいしか集まらない地元の会議でもそれがあって
かなり個人的なことだし、デメリットしかないので
事前に話を聞いていないし、自分のところは省いてほしい
と言いましたが、しっかり放送されました。
それも白熱したところだけ。
前後の関係性がまるでなく、実際の内容と違い
体制に文句を言っているように編集されていました。
本当は全然違う内容なのに…


大きな会議では「テレビがあるから…」と
発言を控える声も多々聞こえます。
私は「言わなければいけないことは言う」というスタンスなので
会議でも結構発言するタイプですが
「会議で発言」がプレッシャーな人もいます。
もっとハードル高くしてどうするの?といつも思う。
そしてそれってどこで使ってるの??
実は定例会議で毎回入るので、こっそり聞いてみたことがあるのですが
局の名前だけを教えられて、用途は聞けませんでした。
ん???撮ってるだけ???


そもそも勝手に撮影して、本人たちに裏付けも取らないから
放送の内容と実情が大きく違っていたりする。
でも勝手に撮って何に使うかもわからないし
どこのテレビ局かもわからない。
放送日ももちろんわからないから、確認のしようもない。
編集の仕方でニュアンスがかわって事実と違ったりして
「こんなこと言ってたそうだな?」と後で喧嘩になったという
話しもよく聞くし、うちでもトラブルになったことがあります。


放送の自由はあるでしょう。
確かに現状を知らしめるためには
つぶさに撮影しなければいけないでしょう。
非常時ならばそれもわかる。
でも何時まで「突然撮影」されなければいけないの?
被災者は「公人」なの?
そこに個人のプライバシーはないの?
それによって起きたトラブルは、どうしてくれるの?


まあ、それは被災者側、現地の話し。
当事者以外に状況を知ってもらうには
メディアへの露出が必要なことは十分にわかっています。
飾った内容ばかりでなく、リアルな状況を伝えるのは
整った場所以外での撮影が必要だと言うことは、もっともでしょう。


「放送」の難しさ、情報の平等性の難しさ
を改めて感じております。
会議に出れば、被災地の催しに行けば
たいていカメラがいるので、もう大概慣れましたが
遠方から来た親戚が遭遇し、驚いて憤慨しておりました。


言っても仕方がないことだから…と、今までは黙っていましたが
震災関係の話しということで
いい機会かな?と書いてみました。
議論しても仕方ないようなことを書いちゃって
すみません
でも被災地にいる者にとっての、今の気持ちです




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://timatima00.blog37.fc2.com/tb.php/1248-2c752893
該当の記事は見つかりませんでした。